テーマ:システム開発

下手な要件休むに似たり

一般的にシステム開発を行う場合、要件定義が重要というのはよく言われることだ。なぜならどんなシステムを作るかの大枠を要件定義で決めるからだ。ここがある程度の方向性を持ってまとまっていないと、その後の設計以降にも多大な影響が出てしまうので、あまりに間違っていると最悪作り直しになったり、まるで融通の利かないシステムや、一見動いているけどもちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何が出来るか、ではなく、何が良くなるのか?

コンピュータ用のソフトウェアの売り文句で「○○が可能!」をよく見かける。これはコンピュータ業界では昔からある言い回しだし、自分が提案書を書く時にもあまり気にせずに使っていた記述だし、コンピュータ業界以外だと家電品とかの広告でも結構みる事がある言い回しだ。 ある日ふとこの言い回しを広告で見た時に違和感を感じた。この違和感はなんだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【書評】 マイクロソフトを辞めて、オフィスのない会社で働いてみた

分類的にはコンピュータ系に入るが、多分ビジネス系とかの本棚に入っていそうな本。僕もTwitterで見かけなければ完全に見逃していたと思う。 元マイクロソフトのIEチームを率いていた人が、WordPressを作ってる会社に入って1年強ぐらいチームを率いた経験をドキュメント的に綴った本。主に少人数でのリモートワークについて書かれている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜマネージャーに技術の理解が必要なのか

ここ半年ぐらいで色々と思うことがあったので「なぜマネージャーに技術の理解が必要なのか」を、作り手(プログラマ)の立場から考えて見る。 ここで話す前提として ・コンピューターでシステムを作っている ・Webサービスを運営している などを行っている、いわゆるIT系の企業の話であり、「技術」とは主にコンピュータに関する技術のことを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同僚に教える事の効果

昨年末ぐらいから、まるで別の業種から転職されてきた営業アシスタントの方に教育(という程でも無い雑学講義程度)を行っています。これを行う際に感じたことなどを書いてみます。 *教える事の自分への効果 まず、人に教えるためには自分自身が教える事に対して十分理解していることが必要です。 僕は教えるに際して簡単なスライドを作りますが、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書記録】ハッカーと画家

本書は本人も一流のハッカーであるPaul Grahamによって書かれたエッセイ集で、ハッカーの考え方や生態またハッカーに対するアドバイスなど多岐に渡った内容が詰め込まれている。 本書のタイトルになった第二章は技術者もそうだがマネージャーの人々に読んで欲しい。優れた技術者がどういった思考をし、どういった行動でソフトウェアを作り上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアソン 技術書撤退

ピアソンが業務上の整理という事で技術書から撤退するらしい。翻訳物では結構名著と言える物を出しているだけに残念ではある。 現在出版中の物は書店在庫限りらしい、要は店頭から無くなったらもうおしまいという事。 有名所であれば他の出版社から再版という形でまた世に出てくるだろうし、プログラミングよりの本であれば原著をも割と読みやすい(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Running Lean ー 実践リーンスタートアップ 読了

実践リーンスタートアップ、読了しました。久しぶりにこの手の本(オライリー)にしては一気に読み切りました。ちなみにオリジナルのリーンスタートアップは読んでいません。 最初はまたありがちな起業物かと思い敬遠していた(出版社もオライリーと気がついていなかった)んですが、ふと思い立って買ってみた次第。Amazonのおすすめ恐るべし! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソフトウェア開発における、工数の割合に関する考察

ざっくりと単純に考えた場合。 前提として「ある程度作成するものの方向性が決まっている」とする。 ・要件定義と設計 = 2x実装の見積 ・機能テストと結合テスト = 1.5 x 実装の見積 ・システムテスト = 1.5 x 実装の見積 つまり、実装を1とすると ・要件定義と設計 = 2 ・実装 = 1 ・単体・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Clean Coder 読了

ちょっと前にはなりますが、Robert C MartinさんのClean Coder、読了しました。 これまでも「アジャイルソフトウェア開発の奥義」や「Clean Code」というアジャイル関連の本を書いてきた人ですが、今回は実装というより「原則」を書き連ねた内容となっています。 本書の内容は開発における重要な事柄全般に渡っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GW中は

・技術書2冊消化 ・自作ツールのプログラム をして過ごすことにする。 リファクタリング・ウェットウェア ―達人プログラマーの思考法と学習法オライリージャパン Andy Hunt Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 技術書なのか仕事術なのかよく分からない分類だが、なかなか興味深い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オブジェクト指向入門 第2版 方法論・実践

待ちに待っていた書籍がようやく発売。前半部分から約1年半待つのは長かった。。。 しかし、これで来月の遊びのネタが一つ増えました。 オブジェクト指向入門 第2版 方法論・実践 (IT Architects’Archive CLASSIC MODER)翔泳社 バートランド・メイヤー Amazonアソシエイト by ウェブリブログ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘れていた物がやってきた

愛知県から東京に帰ってきたら、覚えのないAmazonの箱が机の上に。 なんじゃろな?と思って開封したら、半年以上前に頼んだ洋書でした。ずっと発売日が延びていたらしいですが、ようやく発売されていたのですね。 ちなみに、これです。 Effective Java (Java Series) 地味に読んで行くとします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VisualStudio2008事始め

をいじり始めてみる。言語はC#。 C#3.0になって色々と機能が増加しているようだが、まずはIDEに慣れる為にちまちまとWindowsアプリを作成し始める。 フォームデザイナが結構便利になっていてびっくり。 思えばまともにVS使ったのは遙か昔であった。そりゃ進歩もするわな。 新機能に目は引かれるが、まずは基礎から固めてい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

HappyHackingKeyboard Professional2 墨

一々接続し直すのが面倒だという理由で、HHKPro2墨を購入。 HHKPro1と多少打鍵感が違う様な感じがするものの、これはこれで快適。 しかし、黒に黒でキートップ印刷されていても殆ど意味はないな。どうせ見ないから問題はないんだけど、だからといって無刻印にする度胸はない自分が居る。 と言う訳で、少々長めの出張時(現在)にも…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アルタナの神兵

登録サーバ障害で一日経過した今もレジストレーション出来ず。 負荷がかなりかかるって大変なのは理解出来るが、この長時間停止はどうにかならんもんか。。。 っていうか、基本設計から間違えてんじゃねーの?とか思ってしまう。 まぁ、ゲームなので社会的影響は心配無いのだろうが会社としてのサービスという観点から見るとこれはどうなの?って思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソフト屋の経営について考える:その2

「ソフト屋の経営について考える:その1」について ソフト屋の売り物は何か? 当然ソフトウェアであり、システムである。 ではソフトウェアはどうやって作られているのか? プロセス? ソフトウェア工学? ツール? フレームワーク? こういった物も絡んでは来るが、ソフトウェアは人によって作られている。 優秀なプ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ソフト屋の経営について考える:その1

受託系ソフトハウスならば、実際の案件受注の間に谷間があるのは良くあること。 そういった現実認識無しに稼働率100%を前提として予算を組んだりするれば、当然間のアイドル部分のコストはどこかに上乗せされて競争力を下げたり、赤字分となったりしていく。 理想的にプロジェクトとプロジェクトが繋がる事もあるが、全く別のプロジェクト間でそんな…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

自動化テストは銀の弾丸の夢を見るか?

なんてタイトルを付けてみましたが。 最近お手伝いしているプロジェクト達でキーワードに上がるのが「自動化」や「省力化」。 ナイトリービルドなんぞに始まって、自動テスト生成や実行など、色々な物を評価したり使ったりしています。 そのうちのプロジェクトの一つで自動テストツールの導入を推進したんですが、目的は「デグレ対策」。 もち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リモートデスクトップでコンソールを奪い取る方法

「接続数の上限に達しています。」 こんな冷たいWindowsサーバからのメッセージ。 ここは無理矢理コンソールで入ってしまえ ファイル名を指定して実行より mstsc.exe /console でリモートデスクトップ接続を立ち上げて、該当のマシンに接続。 これでログインして、おばけと化している接続を叩き落としまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燃えるプロジェクトを避ける方法

ソフトウェア開発プロジェクトは油断するとすぐ燃え上がります、爆発します。非道い物だと既に導火線に火が付いた状態でどこからともなく降って来たりします。 さて、こんな可燃性の高いソフトウェア開発プロジェクトを燃やさない方法を考えてみます。 ・そもそもプロジェクト自体を実施しない、受けない。 これなら絶対燃える事はありません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

色々便利なツールはあるけれど

古くはmakeとかから始まって、最近は色々と開発に関する便利なツールがあるものです。 最近、そっち周りを専門で仕事をしてたりするんですが、確かに個々のツールは非常に便利なんですが、より重要なのは、「どういった目的を持ってどういう観点からこういうツールを導入する」という計画とメンバーへの周知だなぁ、と。 コレがないと、いくら良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休出して

せっせとアプリ組もうとしたら、仕様変更ぽいメールが。 なんだかなぁ、これは。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この所やたら肩がこると思ったら

原因は多分キーボード。 現在客先にて作業を行っているのだが、色々と持ち込み禁止らしいのでしょうがなくお仕着せのキーボード(しかも109)を使っているせいかと。 今日は会社でマイHHKにて作業をしているんだけど、この所みたく辛くなってはこない。 やはり、直談判してキーボード持ち込み可能にしてもらおう。 肩こりがひどいと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

はいはい、外勤の上に休出です

客先常駐で作業をしていたら、営業さんから電話がかかってきて緊急の仕事があるのでどうにかして欲しいという事。しかも納期ほぼ一週間という短期間。 平日は客先作業で埋まっており何の手を出し様もないので、しょうがないので休出中。 お金に糸目は付けないという話なので、うん百万ぐらい請求してみよう、うん。 とやさぐれながら仕事中。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自動ソフトウェアテスト

色々なツールを評価してみたが、(価格は関係無しに)下記のツールが良い感じそう。 * 操作ベース QuickTestPro(有償) * HTTPリクエスト/レスポンスベース JMeter(オープンソース) 両方とも自動記録機能は存在しており、実際の処理を記録してそれを元にテストシナリオをカスタマイズして行くという使い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tomcat-Apache連携メモ

*httpd-vhosts.conf ServerAdmin hoge@hoge.com DocumentRoot /usr/local/jakarta-tomcat-5.0.28/webapps/アプリ入れた所 ServerName サーバのグローバル名 JkUr…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プログラミング言語Java 第4版

第3版から第4版へ版が更新されたので購入。 今回は、J2SE1.3ベースから一気にTigerベースまで内容が更新されているので、スルーする訳にはいかない。 同僚からの情報で、EffectiveJavaの第二版日本語訳も近いうちに出そうということだ。 2007/04/06追記 EffectiveJava、よくよく調べたら、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more