テーマ:経営

終わりと始まり

8月一杯でとあるプロジェクトを抜け出しました。拠点の後片付けはまだ残っていますが。 9月は基本フリーダムです。 思索、計画、読書、旅行、営業活動以外は何もしません。 9月の現在のネタ ・オブジェクト指向入門 方法論・実践 ・プログラミングASP.Net3.5 ・マネジメント(新訳版) ・会津へ旅行 ・事業方針…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気づけば師走

気がつけば早12月。年をとってくると年月の進みが早くなるのか、なんだかあっという間もいう気もするが、それなりに密度の濃い年でもあったような。 独立して会社を創って早3ヶ月になろうとしている。 一番実感するのは日々の自社の事務作業の合間だったりするのだが(笑) まぁ、今の所諸方面から暖かいご支援を頂いて順調に推移しつつある所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敬天愛人

稲盛和夫さんの人生の王道 西郷南洲の教えに学ぶを購入して読んでいる。 人間としての本道を西郷隆盛の教えに基づき、氏の経験談を交えながら語りかけているのだが、色々と胸に響く事が多い。 やはり自分の信念、天道に背くような行動をしてはならないのだなぁ、と思いつつ、色々と自戒をしながら仕事を進めて行かねばならないと思う内容である。 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

明日から10月、いよいよ稼働開始!

客先半常駐も終わり、いよいよ本格稼働開始予定です。 まずは立ち位置の明確化をしっかりと。 せっかく会社を立ち上げたのに、現状のまま流されては意味が無い。 色々とはっきりさせないとね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドメインが取れました

nsdev.co.jp になります。 しばらくはレンタルサーバで運用予定です。 メールアドレス設定が完了したら、関係者の方々にはお知らせいたします。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

取り敢えず一週間ちょい経過

色々と地味に準備を整えながら、一週間ちょいが経過。 必要な物って案外あるのねぇ、と思いつつ色々発注。 そういや、登記簿を見たのか会計事務所から売り込みの手紙が来たのは驚いた(笑) ひとまず移動しながら仕事出来る環境は整ったので、まぁ地味にやるとしますか。 とはいっても、今月一杯は客先常駐であんまり動けないんだけど。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソフト屋の経営について考える:その2

「ソフト屋の経営について考える:その1」について ソフト屋の売り物は何か? 当然ソフトウェアであり、システムである。 ではソフトウェアはどうやって作られているのか? プロセス? ソフトウェア工学? ツール? フレームワーク? こういった物も絡んでは来るが、ソフトウェアは人によって作られている。 優秀なプ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

会社が出来ました

ネクスト・ソサエティ・デベロップメント株式会社 #ロゴは嫁作成です。 少し前のブログでごそごそしていたのはこれでした。 現在の所、私しか所属していないひとり株式会社です。 まぁ、登記は終わったんだけど、まだまだ税務署さんとかに手続きに行ったり、銀行行ったりしなきゃで、しばらくは少し忙しい日々が続きそうです。 今後の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ソフト屋の経営について考える:その1

受託系ソフトハウスならば、実際の案件受注の間に谷間があるのは良くあること。 そういった現実認識無しに稼働率100%を前提として予算を組んだりするれば、当然間のアイドル部分のコストはどこかに上乗せされて競争力を下げたり、赤字分となったりしていく。 理想的にプロジェクトとプロジェクトが繋がる事もあるが、全く別のプロジェクト間でそんな…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

自動化テストは銀の弾丸の夢を見るか?

なんてタイトルを付けてみましたが。 最近お手伝いしているプロジェクト達でキーワードに上がるのが「自動化」や「省力化」。 ナイトリービルドなんぞに始まって、自動テスト生成や実行など、色々な物を評価したり使ったりしています。 そのうちのプロジェクトの一つで自動テストツールの導入を推進したんですが、目的は「デグレ対策」。 もち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大前研一氏の著作

を掻い摘んで読んでいます。 ふらりと手に取ったビジネス力の磨き方が結構読みやすく、興味深かったので、氏の名著と呼ばれる企業参謀と続・企業参謀を購入してぼつぼつと読書中。 #文庫なのでお財布にも優しい 経営とかそのあたりの本は結構好きで色々と読み漁っているけど何故か読んだことが無かった氏の著作。 正直もったいなかったな、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスト構造を考える(ソフト屋)

なんとなーく考えてみる。 通常、原価の元となるのは ・開発者の給料 ・開発者の使ってる光熱費 ・開発者一人分の場所代 ・開発にかかる諸経費 これが基本。 で、あとは ・お仕事を取ってくれる人の給料、場所代、光熱費、諸経費 ・総務や経理の人たちの給料、場所代、光熱費、諸経費 ぐらいのものか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

微妙な発言

某会議で某者の発言 「皆さんの給料は7月までは保証されていますので、安心してください」 ・ ・ ・ 裏を読めば、7月以降は(現時点で)保証が無いとも読み取れる。 まぁ、自分自身どこまで資金繰りが先に立っているべきか、なんて事は実際に経営した事が無いので分からない訳だが、今までこういった発言を会議の場で聞いた事…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

盛者必衰の理をあらわす

安売りで有名な某年商百億円台のパーツショップが突如として倒産してしまった。 負債は30億ぐらいらしい。 一時期関わりがあったのだが、中の人はイケイケドンドン、働き方も半端では無ければ、遊び方も半端ではなかった(ここは聞いた所)らしい。 しかし、どうやったら30億の負債になるんだろう? 決算の経理処理にあやしい(先送り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある一幕において

私:「xxxに関してこれこれこう言った問題があり、全社的にも影響がある可能性があるので、役員会で検討してもらえません?」 役:「役員会はただの株主会議であって、そういった事の検討とかはしていない」 私:「でも、全社的な活動ですし、無駄金捨てるのも惜しいので、考えませんか?」 役:「この会社はそんなにシステマティックに出…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年の総括と来年の目標

ちと早いかもしれないけど、今年の総括と来年の目標 前半はトラブルプロジェクトにかかり切りで、それ以外全く仕事が出来なかった。 周りのフォローが無ければくじけていたかもしれない。 反省点から学んだ物は多かった。 夏以降は本来の立ち位置に戻れた。 ワンストップソリューションの提供を目標に、いくつかのお客様と実際にお話を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

P.F. ドラッカー経営論

P.F. ドラッカー経営論、1960年代178ページまで読了。 R&Dの項や従業員の育成の項は非常に興味深かった。 興味があるセンテンスの部分に付箋を貼りながら読書中。 あと残600ページほど。今週中には読み終わるかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

起業家の本質

起業家の本質読了。 起業家とはどういうものか、その道に足を踏み込むと、どういった事が待っているのかを実体験や周りの話を元に色々と記述してある。 役に立ちそうな情報が色々と書いてあったので、割と一気に読んでしまった。 日本に起業家はいない、という論には全くもって反対だが、文化的にはそういった土壌が(原著が書かれた10年前とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピータードラッカー

P.F. ドラッカー経営論を読書中。 ハーバードビジネスレビュー等に発表されてきた経営論文を年代別に収録した内容になっている。 古い物を読んで行っても、内容的には全く古さを感じさせないのは相変わらず。 分厚いので読破までには結構時間がかかりそうだけど、地味に読みこなしていこう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホワイトカラー・イグゼンプション

なる物が提案されているらしい。 要は一定年収以上のホワイトカラーに分類される労働者に対して、労働時間制限の撤廃をする、という趣旨の物らしい。 ふ・ざ・け・て・ん・の・か! 要は知識職業は裁量労働制になるという事なのかもしれないが、就業開始時間とかのあたりはそのままになるのかな? 成果で勝負という意味であれば賛成だが、…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

期変わりの季節は気が重い

毎年この時期になると気が重い。 予算折衝無しの予算とか、期が変わってからの計画作成とか、結論が出ない会議とか多くなるからだ。 #今期の計画は先期から作りましょう、と言う概念は無いらしい。 まぁ、今現在の責務なので受け入れなければならない部分もあるのだが、こうなんというかもやもやっとした感じ。 最近はまた色々な事を考えるの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

残業とかなんとか

先日あった一場面 某君:上場する為には残業代を含めてうんぬん えらい人:それはプロジェクトにより考えるようにする ( ・ω・)????? 全く回答になっていないんだが。。。 残業代が欲しくて話している訳ではなく(あれば嬉しいが)、上場にはそういったもののきちんとした整備が必要ですよね、どうお考えですか?と言った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんと45%オフ!もってけドロボー

いやー、どんなシステム開発でもありえないでしょう。 ましてや、結構クリティカルと思われる業種で。 ぶっちゃけ、前の見積や工数の根拠はなんなの?って普通思うわな。 仕事が取りたい、売り上げが欲しいのは分かるけど、資本金を超えるプロジェクトに対してそんな無茶な提示をするのはやりすぎかと。 結局無理すればどっかに歪みが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人の和

を以て組織を作るべし。 いくら各メンバーの力量が高くても、有機的に動けなければ全く力を発揮しない。 扱っているモノが小規模な内はまだどうにかなるが、大人数で動くことになるとこういった面が非常に大きく関わってくる。 仲良しごっこではなく、お互いに認め合い、尊重し、でもぶつかりあう。 価値観なんて人それぞれ違うのだから、ぶつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

失敗から人生を学べ

という番組をテレビでやっていたのでながら見。 その中で実際の企業の社長に謝罪会見を体験してもらう、というのがあっただが、そこで言っていたリスク管理コンサルタントの一言 「企業哲学・企業理念がはっきりとしていない会社ほど見当違いな謝り方をしてしまう」 別に謝罪会見ではなくてもこれは当てはまるかなぁ、と思う。 自分も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラッカー

の自伝的な本が出ていたので読んでみた(ドラッカー21世紀を生きて)。 知の巨人、マネジメントの発明者とも呼ばれるドラッカー。 その行動や決断のパワフルさと、自分に対する信念が感じられる一冊だった。 久しぶりに著書を読み返してみるかな。 きっとまた新しい発見があって、道を示してくれるに違いない。 これは、きっと彼の著書が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more