【書評】ヒゲのウヰスキー誕生す

朝ドラでやってるらしい(僕見た事は無い)ものの原作本(?)

自分がウイスキー好きなんで、店頭の平積みで見かけた際に手に取ってみました。

一口で言うと、ニッカ創業者の竹鶴政孝の障害を描いた伝記っぽい小説本になります。詳しく書くとネタバレになってしまいますが、

・いかにして本場のウイスキーの製法を頑張って学んだか
・「本物」にいかにこだわり抜いたか
・リタ婦人が影でいかに支えたか

の物語となってます。

僕のブログに来そうな人の読みどころはというと
「どんな仕事でも、きっちりとやり抜く」
「本物にこだわり、妥協は最小限にとどめる」
の2点ですかね。

業務上、自分の思うような仕事が振られることは決して多くないと思います。竹鶴さんはそんな中でも「より良い物を作ろう」と制約の中で努力します。また、ニッカを作ってからは会社が苦しいにもかかわらず「まがい物を出したらいかん、良い物は分かってくれるはず」と、ギリギリまで妥協を許しません。

その他にも、トラブルへの対処など色々と読みどころがあると思います。

また、ウイスキー好きなら是非一度読んで欲しい本です。その辺の下手なガイドブックより、ウイスキーを呑みたくなること間違い無しです(笑)

ヒゲのウヰスキー誕生す (新潮文庫)
新潮社
2014-06-27
川又 一英

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヒゲのウヰスキー誕生す (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0