ピアソン 技術書撤退

ピアソンが業務上の整理という事で技術書から撤退するらしい。翻訳物では結構名著と言える物を出しているだけに残念ではある。

現在出版中の物は書店在庫限りらしい、要は店頭から無くなったらもうおしまいという事。

有名所であれば他の出版社から再版という形でまた世に出てくるだろうし、プログラミングよりの本であれば原著をも割と読みやすい(版も翻訳物より進んでいる場合も多い)のでそんなに心配はしていない。

が、エッセイ的な物はやはり心配なので用事のついでに本屋で確保してきた。

確保対象は

・人月の神話
・デザインのためのデザイン
・達人プログラマ

の3冊。昔持っていたけど、人にあげてしまった物だ。

1番目はいまだ読み継がれる名著だしおそらくまた再版されるであろう、けど丁度読み返したかったので購入。2番目は内容うろ覚えなのでついでに購入。

3番目も名著だし、こいつは時代の流れからちょっと再版が怪しいかな?と思ったので確保。

取りあえずこの3冊

他だと「リファクタリング」とかが有名本だろう。けどこれは代替本があるので気にせず。人に貸した「アナリシスパターン」は今どこにあるかな?そのうち戻ってくるだろう。


撤退は残念だが、結構な数の本のお世話になった。ささやかながら感謝の意を表したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック