WanderingProgrammer

アクセスカウンタ

zoom RSS 【読書記録】ハッカーと画家

<<   作成日時 : 2014/09/13 10:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


本書は本人も一流のハッカーであるPaul Grahamによって書かれたエッセイ集で、ハッカーの考え方や生態またハッカーに対するアドバイスなど多岐に渡った内容が詰め込まれている。

本書のタイトルになった第二章は技術者もそうだがマネージャーの人々に読んで欲しい。優れた技術者がどういった思考をし、どういった行動でソフトウェアを作り上げていくのかが分かるからだ。

技術者・マネージャー共に参考になる示唆に富んでいる良書。

これを読んでLispを書きたくなった人、多いんだろうなぁ。翻訳された時代は処理系が貧弱だったかもだけど、今なら結構豊富だし、Lispの派生言語で実用に適している物も色々出てきてるし、なおさらかも。





ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち
オーム社
ポール グレアム

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
【読書記録】ハッカーと画家 WanderingProgrammer/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる